法人概要

シルバー人材センターとは

1.シルバー人材センターの基本理念
センターの基本理念は「自主・自立、共働・共助」という言葉で表現することができこの基本理念の下に自発性・自主性を持ち、さらに地域社会との相互交流・連帯を忘れず、公益性、公共性を十分に自覚することを基本理念としています。
2.シルバー人材センターの目的(定款第3条)
健康で働く意欲を持ち、臨時的かつ短期的、または軽易な業務の就業を希望する高年齢者のために、今までの経験や能力を生かし、希望に添った就業機会を提供し、生きがいの充実及び福祉の増進を図るとともに、高齢者の能力を生かした活力ある地域社会づくりに寄与することを目的とします。
3.シルバー人材センターの事業(定款第4条)
(1)臨時的かつ短期的、または軽易な業務の就業機会の確保及び提供
(2)臨時的かつ短期的、または軽易な業務の職業紹介
(3)就業に必要な技能習得のための講習会
(4)センターの目的を達成するための事業

理事長挨拶

                                   

                         

                                       

 

 公益社団法人 鈴鹿市シルバー人材センター
 
 
                                                                  理事長 有 安 政 章
 
  平素は、当シルバー人材センターの事業運営、事業推進に何かとご支援、ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、我が国の六十歳以上の人口は、四千万人を突破し、団塊世代も六十五歳を迎えてきています。
 国においては、高齢者が定年等を理由に現役から引退した後も、就労等を通じて地域社会で「居場所」と「出番」を得られることや、高齢者自身がそれまで培ってきた知識・経験を生かして、地域社会の「支え手」となり、健康で意欲を持ち続けながら生涯を送ることのできる「生涯現役社会」の実現を打ち出しています。
 こうしたことから、シルバー人材センター事業の役割はますます重要になっていくと思われます。
 しかし、私たちシルバーを取り巻く環境は、まだまだ厳しいものがございます。
 当センターは、平成十七年度の契約金額四億四千万円をピークに、受託事業収益は約四億円と下げ止まりのままから脱し得ない状況でございます。しかも、六十五歳までの定年延長により会員の高齢化が進んでいること、技術を要する剪定従事会員、草刈従事会員の不足していること等の課題を抱えております。 
 このような状況を打破していくには、就業機会の開拓や新規会員の更なる確保などが急務になっており、役員一同積極的に取り組んでいきたいと思いますので、会員の皆様のご協力をお願いするものでございます。
 また、昨年四月から進めてまいりました派遣事業につきましても、事業の拡大ということだけでなく、適正就業の観点からも、今まで以上に積極的に進めていかなければならないと思っております。
 地域の皆様に愛され、信頼され魅力のあるシルバー人材センターをめざし、会員及び役職員が一丸となって更なる発展をしていきたいと思いますので、一層のご支援ご協力をお願い申し上げます。

概要

■名称公益社団法人 鈴鹿市シルバー人材センター
■所在地〒513-0801 三重県鈴鹿市神戸一丁目17番5号
■電話番号059-382-6092
■FAX番号059-382-6093
■理事長有安 政章
■活動内容高年齢者労働能力活用事業

交通アクセス

住  所:〒513-0801 三重県鈴鹿市神戸1丁目17番5号
お問い合わせはこちら
公益社団法人 鈴鹿市シルバー人材センター
〒513-0801     三重県鈴鹿市神戸一丁目17番5号
TEL 059-382-6092 FAX 059-382-6093
 
《事務所の営業時間》・月曜日~金曜日(但し祝祭日は除く)
      ・午前8時15分~午後5時まで